のぼりのおすすめ生地を知りたい

のぼりの生地には代表的なもので4種類あります。

耐光性のある生地、色褪せしにくい生地などを含め、のぼりの生地についてお話ししてみましょう。

■のぼりの生地・素材は4種類。

のぼりの生地は何種類あるかというと、ポンジー、トロピカル、天竺、金巾が一般的です。

中でもポンジーは薄くて軽い、そのうえ価格が安いということで人気があります。

シェアでいうと80~90%以上です。

コンビニやスーパーに設置されているのぼりは、ほとんどポンジーだと思って間違いないでしょう。

■3カ月~半年が目安ののぼり素材。

直射日光の当たる場所にポンジー生地ののぼりを立てても、すぐに色あせが起ったりはしません。

半年程度なら十分適用できます。

通常ののぼりは、ワンクール(3カ月)を目処に立てられます。

春夏秋冬、季節ごとに新製品が出たり新しいサービスが開始されたりして、ワンクールでのぼりを作り替えるからです。

POPでのアピールも季節感が出るのでおすすめです。

◇関連サイト:買う気にさせるPOP職人 短くキャッチー、客つかむ|出世ナビ|NIKKEI STYLE

もしも「1年程度は1つののぼりで通す」というのであれば、生地そのものを見直しましょう。

■ポンジーの生地素材はポリエステル100%です。

生地が薄い分だけ、通年使用しても色褪せしないかというと、疑問が残ります。

のぼりの使用期間は、通例からすると3カ月~半年です。

1年、あるいはそれ以上の長期を予定しているのであれば、トロピカル、天竺、金巾などの生地も参考にして素材を決めましょう。

トロピカルは雨にも日光にも強い生地です。