のぼりは生地によって耐久性は大きく違ってくる

のぼりの生地としては4種類ありますが、強度で考えるならポンジーとトロピカルの2種類。

コストも含め、どちらを選ぶべきかお話ししてみましょう。

■ほとんどがポリエステル製のポンジー。

のぼりの耐久性が生地によって異なるのは確かです。

ポンジーと呼ばれるのれんはポリエステル100%でできていて、薄手の生地です。

軽くて薄いので風によくなびいて目立つので、広告効果の高いツールです。

現在ではのぼりの生地の8割~9割がこのポンジーです。

耐久性でいうと3カ月から半年間は色褪せなくもちます。

■コスト抜きのトロピカルなら強度は抜群。

のぼりは生地によって耐久性が異なりますが、事実上、ポンジーの他、のぼりの生地として用いられているのは、トロピカルという生地です。

同じポリエステル100%の素材ですが、糸の太さがポンジーの2倍ほどあります。

したがって耐久性はポンジーと比較にならないほどの強さです。

ポンジーは半年程度、トロピカルなら屋外に設置したままでも1年以上もちます。

このほか、天竺木綿という生地や、それよりやや薄手の木綿生地というのがありますが、仕上がりとしては和風テイストなので、一般の店舗には不似合いです。

■30本ののぼりを作るならコストも大事です。

安価で軽くて扱いやすいポリエステルのポンジーがおすすめです。

耐久性で1年通期で外に設置したままというのでなければ、耐久性を気にするより、コスト重視でポンジーを用いるべきです。

生地は全部で4種類しかなく、最終的には安価なポンジーか値の張るトロピカルにするかの二択しかありません。