のぼりに使われる生地の種類

飲食店でののぼりの生地は、多くがポリエステル100%のもので、それ以外では綿製ののぼりです。

どのような種類があるのかお話ししてみましょう。

■9割を占めるポリエステル100%。

のぼりの種類やデザインはそれなりに用意されていますが、意外にも生地は限られています。

もっともポピュラーな生地がポリエステル100%のポンジーというのぼりで、これがシェアの9割を占めています。

同じ生地でトロピカルというものがありますが、これはポンジーの2倍の強度をもつものです。

糸を二重にして編んでいますので、通年・24時間、外に設置したままでも長持ちするというのぼりです。

■ポリエステルか綿生地かの2種類。

ポンジーとトロピカルはポリエステルの生地で、他には綿ででつくられている天竺・金巾というのぼりもあります。

平織りという手法で、通常通りに織られたものと、固めに織られたものの違いがあり、強度としては金巾がすぐれています。

しかしこの絹製の2つはコストが高く風合いが独特であるため、和テイストの店舗などごく限られた範囲で使われています。

「生地では2種類、のぼりの種類としては4種類」しかありません。

■のぼりの生地はポンジー(ポリエステル100%)、デザイン・形は、長方形の縦長が基本です。

のぼりは店頭に設置して風になびかせるという独特の機能が要求されるため、薄手のポリエステルが基本となります。

デザインは縦長で、下部を山のような形や斜めにカットしたものがあります。

そんなに多くの種類はありません。